料理

時短のヒミツ!美味しいゴボウの肉巻きお弁当

ちゃらっごわした~おごじょです(*’ω’*)

ゴボウの肉巻きを作りました~(‘ω’)ノ

肉巻きだからと、色々な野菜を詰めるのも良いですが、ちょっと手間がかかります……(;一_一)
忙しい朝や、野菜が冷蔵庫にあんまり残ってないときには少し面倒……

今回はゴボウのみの肉巻きを作りましたが、めっちゃオススメです!
ゴボウのみの肉巻きをシンプルながら歯ごたえもあり、しっかり噛むことで満腹感にもつながり、ヘルシーな一品です!
ダイエットしたいとき、お通じを良くしたいときに、よく作ります(*´з`)


★仕込、時短テクニック★

前日のうちに仕込を済ませておく!

晩ご飯を作りながら、空いているコンロに切ったゴボウを茹でておく
太いゴボウは中まで火が通るように2等分~4等分ほどに分割にすると、茹で時間が時短できる☆彡

茹で上がったら、水気を取り、粗熱をとる
ゴボウを肉巻きにして、アルミホイルに包んで空気に触れないようにして冷蔵庫に保存する

アルミホイルで保存する!

私の場合、アルミホイルを使う理由は、3点あります

1.フライパンで一度に何品か調理したいときにそのまま使用できる

2.アルミホイルはラップより使用頻度は少ないので有効活用しやすい(ラップは案外すぐに無くなってしまうのでなるべく代用しています)

3.時短!節約のため!!仕込おかずを必ず皿の上に保存する必要があるのか?アルミホイルを皿代わりにしちゃえ!皿じゃないから洗う手間なし!保存してたアルミホイルはすぐ捨てれる!楽!!←一番のメリット!!!!!!

お弁当のおかずの仕込や、朝のお弁当づくりでは、余計な洗い物を出したくないので、おおよそ汁物などでない限り、お皿で保存という概念をなくしてます!( ´∀` )


ゴボウの肉巻きの味付けは、なんといっても、塩でシンプルが美味しいです!

茹でるときには時短のため、ゴボウをカットするけれど、肉で巻くときには、元の大きさくらいのゴボウの太さで巻いた方が、ゴボウの味や食感を良く味わうことができ、食べ応えごぼうの良い香りも感じられるのでオススメです(*’ω’*)

本日のお弁当です

~カリカリ梅シラスご飯、ゴボウの肉巻き、ミニトマト、アスパラ、豚肉とモヤシとほうれん草の炒め、カボチャ素揚げ、ウインナ―とジャガイモとコーンの塩バター~

おやっとさ~(∩´∀`)∩

一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


お弁当ランキング