自己啓発

【書評】ベストセラー 20歳の自分に受けさせたい文章講義 ~古賀 史健~

書籍の紹介

書名 20歳の自分に受けさせたい文章抗議 著者 古賀 史健 出版社 講談社 発売日 2012/1/26 ページ 212

評価

★★★★★

もくじ

1 文章にリズムがない! 2 「読みづらい」「わかりにくい」と言われてしまう! 3 改行や句読点のコツを知らない! 4 文章をどう展開していいか、よくわからない! 5 伝わらない! 6 書くことが多すぎて、絞りきれない! 7 そもそも文才がない

あらすじ

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業” どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ 人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう メールの一通すら、うまく書けない 「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ 決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく 学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!

心に残った言葉

「書く技術」は、一生使える武器になる
「理論的な文章」の3層構造  1 主張 2 理由 3 事実
「小さなウソ」はつかない 細部をどれだけ大事にできるかは、文章の最重要ポイント
「何を書くか?」ではなく、「何を書かないか?」

感想

私は、普段事務の仕事をしていて、日ごろメールなど文を書く機会が多いです 電話だったら出来ることが、文章になったらなかなかうまくできず時間ばかりがすぎる日々です その時、出会ったのがこの本でした この本は、文章について根本から学べて、文章をうまく書くコツや技術が身につきます ●文章書く手順● 1 まずは言語化されていない考えを書き出し可視化する 2 次に何を書かないかを決める 3 最後に繰り返し読んで推敲する 誰に向かって書くか、「何を書くか?」ではなく、「何を書かないか?」 これらを意識して、とにかくたくさん書いてみようと思います 文章の書き方を向上させ、仕事のみならず、周りの人間関係、自分の気持ちを文章で伝えることに取り入れていきたい 言いたいことはあるのに、グルグルとした考えが【書く】と事でその考えが晴れてきて、その中で傾向とキーワードと分け、【書かない】事と整理することで自分は何を思い、何を大切にしているか、誰に伝えたいのかが可視化できるとのことでした 会話は、できるけどなかなか文章にできないなど悩みの方はぜひ読んでください
20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義

  • 作者:古賀 史健
  • 出版社:星海社
  • 発売日: 2012年01月26日頃