投資の本

【書評】金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん 仕事と人生の変わらない法則

ちゃらっごわした~おごじょです(^^)

複数の会社を経営する「お金の専門家」の
本田 健さん10周年の記念作です

書籍情報

書名 金持ちゾウさん貧乏ゾウさん
著者 本田 健
出版者 PHP研究所
発売日 2014/4/1
ページ 186

評価

★★★☆☆

もくじ

プロローグ あるゾウの村の物語
第1章 同窓会
第2章 ヘッジホントがやってきた
第3章 アルーゾのお金の授業
第4章 終わりのはじまり
第5章 トルーゾを探せ!
第6章 お金はどこに消えた?
解説 これからお金とどうつきあいますか?

内容

10周年の記念作、待望の文庫化!

「自分とお金の関係性がいつのまにかくっきり見えてくる魔法の本です」お金が紙くずになるXデーに備えよ! 
金持ちゾウさんと貧乏ゾウさんが繰りひろげる、笑いと感動のビジネス寓話。
昔、炭鉱で栄えたカネー村。そこに降って湧いた投資話に、村のゾウたちが次々と巻き込まれていく……。
謎の投資商品「ヘッジホント」が引き起こすバブルの熱狂。
ある日、キリギリシャ国の財政破綻と、子どもの一言がきっかけとなって、カネー村からお金が一瞬にして消えてしまう。
果たして、カネー村のお金はどこに消えたのか?
もし、あなたのお金が一瞬にして価値を失っても、生活や経済は止まらない。
大切なことは、人やお金チャンスの豊かな流れに身を置くこと。
愛のある人間関係の鍵を見つけること。

心に残った言葉

・ 人生で起こる様々な事件は、自分を知るために起きていると考えています
・ 幸せは、人間関係の中にしかない
・ 人間関係は幸せの源
・ 与えた分だけしか、うけとれない

感想

お金と人間関係の在り方を考える本でした
お金は幸せになる為の一つの手段。お金が目的になってしまうとどういう結果になってしまうか
考えさせる内容です。


お金がないと不安になるし、沢山あればまわり信用できなくなります。
信頼感との絶妙なバランスで成り立っているし、人々がお互いに疑心暗鬼になれば、すぐに崩壊してしまいます。
私にとって、一番大切なものは何だろうどう生きたいのか、と立ち止まって考えさせられました。
もちろんお金!健康!
ほとんどの人がそう答えると思います。


しかし、どんな大富豪でも、どんなに長生きしても、生涯孤独だと幸せだと言えません
人には、人それぞれの生き方があります

ポジティブに生きるのか
社会を恐れてびくびく生きるのか
他人を蹴落としてでも能率重視で生きるのか
社会不適合のダメ人間のレッテルを自分自身に貼って落ち込んで生きるのか

それぞれの立場から見えるように真実は一つではないですよね!
でもほとんどの人が

成長志向の人は、自分生き方が悪いなんて想像したことこともない
社会は怖いところだと思う人は、それが絶対的な真実
自分はダメだと思っている人は、自分に才能があるなんて信じられない

など、どの世界も自分が正しいと思い込んでいると思います

もう一度、人生の生き方やお金の意味を見つめなおし、お金に振り回せらえない幸せな人生を歩みたいと思う一冊でした

金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん