自己啓発

【書評】読書する人だけがたどり着ける場所~齋藤孝~

ちゃらっごわした~おごじょです(UvU)
ビジネス書の紹介です。

書籍の紹介

書名 読書する人だけがたどり着ける場所
著者 齋藤 孝
出版社 SBクリエイティブ
発売日 2019年01月09日 
ページ 192

評価

★★★★☆

あらすじ

ネットがあるのになぜ本を読むのか」。
そんな話もありますが、本当にそうでしょうか<? br> 私たちは日々情報には触れていますが、そこで何が残っているのかというと、
ただ無為に情報を消費しているだけ、のような状況もあります。

本を読むことでしか学べないことは、確実にあります。
文学・読書の大家である齋藤先生が、今の時代だからこそ勧める「読書する理由」と、
人生と知性に深みをつくる読書」の仕方を紹介します。

感想

実は、幼いころ読書が嫌いでした
その頃の私がもしこの本に出合っていたら未知の世界の話だと思います
近年ネットワーク発達により気軽に情報を得ることができるので本はいらないという風潮がありますが、それは本当に正しいのか?
普段の生活によっては、早急に情報が必要な時は、ネットの情報は本当に重宝します
しかし、ネット情報だと、キーワードだけを拾い、深くまで知れていないことも多いと思いませんが?

●おごじょが選ぶ読書の効果ベスト5●
第5位 語彙力アップ
豊かな語彙は仕事や勉強に欠かせません。本を読み、新しい言葉に出会うことによって認知語彙を増やすことが可能です
第4位 知識が身につく
様々な分野の情報を得ることで、知識のアップにつながる 
第3位 文章力が身につく
文章書くためには、ある程度の情報が必要となるため、読むことにより引き出しが増え、より良い文章がかけるようになる
第2位 コミニケション能力が上がる
出世する人はほとんどの人が本を読んでいます。なぜなら、ビジネスでは、深いコミニケションが必要不可欠だからです。コミニケション能力は文字で磨かれる
第1位 普段の生活では体験できないことが、体験したような感覚になれる
人生の一生は短いため経験には限界がある。読むだけで実際の体験に近い経験をすることで人格形成ができる。

最後に…
この本は、読書の大切さ、面白さを再認識できる本でした
色んな分野にも、挑戦してみよと思いました。
皆さんも、ぜひぜひ!!