投資の本

インデックス投資について

今回は初心者の方にお勧めのインデックス投資について解説します。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、日経平均やS&P500、ダウ平均のような株価指数と同じ値動きを目指す投資方法のことです。一言でいうと日経平均のインデックスを買うと日本を代表する225社を買うということになります。例えば、日経平均が5%上昇したら、自分の投資資産も同じく5%上昇するような投資方法です。これらの投資商品には「インデックス投信」および「ETF」があり、総称して「インデックス・ファンド」と呼ばれています。現在、世界には1万種類以上のインデックスがあり、日経平均のような株式の市場動向を示すインデックス以外にも、債券、不動産、商品などの市場動向を示すインデックスもあります。また、それらと連動するインデックス・ファンドも多数あります。インデックス投資と比べられる投資手法として、アクティブ投資がありますが、長期間で見るとほとんどのアクティブファンドはインデックス投資には勝てません。

インデックス投資の魅力

・初心者でもできるのに成績はプロ並み…手数料が安く平均的なリターンが期待できるためアクティブファンドより高いリターン揚げ続けている。

・少額でも投資ができる…個別株で買うとウン十万する株が100円から投資ができる。つみたてNISAやiDecoの対象なものがある。

・個別株に比べると専門知識がいらない…投資のプロが運用するため、初心者でも投資がしやすい。

・手間がいらない…頻繫な取引がいらないため、時間の節約ができる。

・長期分散できる…加熱相場なったら購入量減る、下落相場相場購入量増えるなどドルコスト平均法の恩恵を受けれる。

インデックス投資のデメリット

・管理コストがかかる…手数料が安いネット証券で買うのがおすすめ。

・一発逆転ができない…レバレッジをかけないのので、年平均5%を複利で増やす手法のため。

・長期間積み立てる必要がある…下落局面で売る人が多いため耐えるメンタルが必要。むしろ買う。

重要なポイント

インデックス投資における重要なポイントは、積み立てをどんな時も「継続」が必要です。歴史的に見れば長期的に上がりがきたいできますので、投資しないわけにはいきません。インデックス投資による投資収益(リターン)は、どんなインデックスに投資するかによって決まります。手数料、日経平均やTOPIXなどのインデックスの投資項目内容などそれぞれリターン水準は異なります。同じ資産分類でも、通常は複数のインデックスが存在し、同じ日本株式でも、インデックスに組み入れている銘柄が異なるためするためです。そのため、積み立て投資する前に勉強し積み立て以降は、1年に一回ぐらいリバランスを取る必要があります。